FC2ブログ

子育てママの楽しい住まいへようこそ (愛知県 水政建設株式会社)

1級建築士、宅地建物取引士、応急危険度判定士、木造住宅耐震診断員、古物商取扱主任者、ピアノ教師でもあり、3人の子育中のママのブログです。

Top Page › 未分類 › すみれちゃんの命日
2010-02-25 (Thu)  14:55

すみれちゃんの命日

↓この写真のすみれちゃん。
CDR62_91661.jpg
我が家の大切な家族。
でも、肺がんで虹の橋にいってしまいました。
あれから、3年。
一緒に頑張った闘病生活をまだ忘れられず、新しいを迎えられません。

子供も、ちゃんと命日は覚えていて、愛用の水入れをキレイに洗って手を合わせていました

225 (4)
虹の橋でゆっくりしたいだろうけど、私達家族を見守ってね。
今も、大切な家族です。

今、ワンちゃんと居る方は、大切に愛情を沢山注いであげてくださいね。


虹の橋


 天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛しあっていた動物たちは、
死ぬと『虹の橋』へ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく快適に過ごしているのです。


病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさを感じているのです。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに小刻みに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する動物を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日たりとも消えたことのなかったその瞳を。

 それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです。


s_ARW3Dm_re_ir.gifいつも読んでいただきありがとうございます。
お手数ですが、見に来たよ♪の合図にポチッとお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ 

人気ブログランキングへポチっとc_03.gif


最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可